館林市でダイハツタントのバッテリー上がり救援

こんにちは。
今日は昨日と違って気温は少し低いですね。

一昨日ですが館林市でバッテリー上がり救援のご依頼を頂き出動してきました。

今回は館林市の福祉施設で使用している車いす移動車でヘッドライトを点けっぱなしにしてしまったようです。

タイ初タントのバッテリー上がり救援

現場到着後にバッテリーのテスターを当ててみたところ、バッテリーの電圧は11.5ボルトで一般的に12.5ボルトよりも下がっているとエンジンの始動性が悪くなります。
なので、今回のケースではセルは全然回らない状況でした。

対応内容はジャンプスターターでバッテリーを繋いでエンジンをかけて、5分から10分程度アイドリングを行い、自力でエンジンが始動出来ることを確認して作業終了です。

比較的新しい車ですが、ヘッドライトを点けっぱなしにしてしまうと1時間もしないでエンジンの始動が出来なくなってしまうので、消し忘れは気をつけたいですね。

群馬県、埼玉県、軽井沢町でバッテリー上がり救援のご依頼がありましたらお時間を気にせずいつでもお電話下さい。