高崎市でホンダストリームのバッテリー上がり救援

こんにちは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

ここのところバッテリー上がり救援のご依頼が増えていますね~
寒くなるとバッテリーの性能は低下してしまうので、ちょっと弱ったバッテリーでは朝晩の冷え込みでセルモーターが動かなくなることがあります。

最後の交換から2年以上経過して、最近セルモーターの動きが良くない時はバッテリーの点検をしてみたほうがいいですね。

そんな中、高崎市で以前にもご利用頂いたお客様からご連絡を頂いてバッテリー上がり救援に行ってきました。

作業はすぐに終わってしまったので写真の画像がないですが、今回はバッテリーの劣化が見られて電圧は12.5V以上出ているのですが、CCAが本来であれば420くらいは必要なところ、150未満でした。

この状態だと見た目は単なるバッテリー上がりでもバッテリーの劣化がかなり進んでいるため、今は再始動が出来ても翌朝とか、仕事が終わって車に戻ったときにエンジンがかけられない状態になりやすいですね。

バッテリーの寿命はメーカーでは2~3年です。
走行距離にもよりますが、使い方によってはもっと短くなってしまってもおかしくありません。

群馬と埼玉と軽井沢でバッテリーのトラブルで困ったときは一度ご相談下さい。