バイクのバッテリー上がり

こんにちは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

最近暖かくなりましたね~
暖かくなると冬眠していたライダーの方々もぼちぼちと目を覚ます頃でしょうか。

バイクバッテリー上がり
(僕のバイクでホンダのGB250クラブマンJ型)

そんな中、僕も久しぶりにバイクを動かそうと思いカバーを剥がしてエンジンをかけようとしたら・・・

バッテリー上がりをしていました(TдT)

バイクのバッテリー上がり

僕のバイクはGB250クラブマンというホンダの古いバイクです。
一昨年にヤフオクで安いの買って、タイヤもチェーンもスプロケットもクラッチもケーブル類も消耗品と思われる部品はほぼ新品で交換をしてバッテリーも新品を付けて乗っていました。

しかしながら、こんな仕事なのでなかなか一日中バイクに乗っていられる日もなく、ほとんど乗っていない状態が続いていました。

で、このバイクは単気筒エンジンですがエンジンのスターターはセルスターターなのです。

しばらく走っていて休憩とかでライトの消し忘れなどバッテリーが上がってしまっただけなら、押し掛けで何ら問題はないのですが冷えているエンジンで押し掛けはやっぱりきつそうです・・・

こんな時は仕事柄いつも使っているジャンプスターターがあるのですが、小さいバッテリーの端子にワニバサミをかませるのは少々無理があるので、小型のジャンプスターターを使いました。

小型のジャンプスターター

今ではアマゾンとかヤフオクとかでも安く売っている小型のジャンプスターターですが、ウチで使っているジャンプスターターは12Vトラックで1.5トンのキャンターもエンジンスタートできるくらいの超強力なジャンプスターターで、バイクにも問題なく使用できます。

これから暖かくなると僕のように久しぶりにバイクを乗る方もいるかと思いますが、バイクのバッテリー上がりも頻繁に起こることなので困った時はご相談頂ければご自宅でも外出先でもバッテリー救援に向かいます。