熊谷市でホンダバモスのバッテリー上がり救援

こんばんは。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

今日は午後から所々で雨が降ってきましたね~
そんな中、熊谷市でホンダバモスのバッテリー上がり救援でご依頼を頂き出動してきました。

今回のお客様は以前にも当店をご利用頂いたお客様でした。

バモスのバッテリー上がり救援

室内灯の点けっぱなしか、スモールライトの点けっぱなしかどちらかだと思うのですが、キーレスも反動しないくらい放電していました。
ただ、今回のお客様は2ヶ月くらい前に新品のバッテリーを購入していただいているので、10分位エンジンをかけっぱなしにしておいたところでCCAも標準値以上に回復し、自力でもエンジンの始動が出来ることも確認して作業終了です。

ちなみにバモスとアクティはバッテリーが左のライトの奥の方にあります。

ボンネットを開けるとウィンドウォッシャー液のタンクが見えるので、タンクを引っ張り上げるとその下にバッテリーが見えます。

奥の方にあるバッテリーなので、ジャンプスターターを使用する時はバッテリーにワニ口を咬ませるまで電源は入れないほうがいいですね。

当店では熊谷市周辺もバッテリー上がり救援に向かいますので、バッテリー上がりで困った時はいつでもご相談下さい~