吉岡町でレクサスGSのバッテリー上がり救援

お早うございます。
AT-1群馬自動車販売ロードサービスの近藤です。

昨日は午前中に北群馬郡吉岡町からレクサスGSでバッテリー上がり救援のご依頼を頂き出動してきました。
一昨日からご連絡を頂いていたのですが、当店とのタイミングが合わず昨日になりました。

お客様のお話では、あまりレクサスGSには乗っていないとのことで今年になってからも数回しか動かさなかったとのことです。
レクサスGSはセキュリティなどで待機電力も多いので、全くエンジンをかけていないとバッテリーの電力を消費してしまいバッテリー上がりになってしまったと思われます。

レクサスGSのバッテリー上がり

今回のケースではキーレスエントリーシステムも反応しなくなってしまいバッテリーの残量もほどんど無く、テスターを使っても4Vしかありませんでした。

この状態だとバッテリーは蓄電もほとんどできずに一度エンジンを止めてしまうとエンジンスタートどころか再びキーレスエントリーシステムも反応しなくなってしまうため交換が必要となってしまいました。

レクサスGSのバッテリー上がり

当店では小型の40B19L/Rと55B24L/Rの新品バッテリーは常時在庫でサービスカーにも搭載してあるのですが、D端子バッテリーは在庫しておらず新品のバッテリーのご提供はできなかったのですが、リビルドバッテリーは同等サイズを1個持っていたのでお客様に内容をご説明してリビルドバッテリーを取付けて作業完了です。

ちなみにレクサスでバッテリー上がりを起こして、キーレスも効かないくらいバッテリーが劣化してしまうとジャンプスターターなどで電力が回復したところでセキュリティも復活して車のホーンがなってしまいます。

この場合はエンジンを始動させるか、一度キーレスエントリーで鍵のロックとアンロックを行うことで警報は解除されます。

それから、バッテリーの端子を外した場合はイモビライザーシステムも働いてしまうため、一度キーレスエントリーで鍵のロックとアンロックを行わないとスタートボタンを押してもセルモーターが動いてくれないのでちょっと注意が必要ですね。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でバッテリー上がりで困った時はお電話下さいね~