こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は午前中に高崎市のお客様よりご依頼を頂きホンダフィットのバッテリー上がり救援に行ってきました。

お客様のお話では昨日帰宅したときに室内灯をつけて、朝まで気が付かづ消し忘れてしまったそうです。

ホンダフィットのバッテリー上がり救援

今回は現場到着後にバッテリーを測定してみたところ、12Vちょっとあったのでジャンプスターターで接続させてバッテリーの回復を待ちました。

この時期で10V以下まで下がってしまうと復活は厳しい状態ですが、見たところバッテリーの劣化はそれほどなさそうなので、10分程度のアイドリングでほぼ復活です。

ホンダフィットのバッテリー上がり救援

当店のジャンプスターターは比較的大きい機器なので国産乗用車はもちろん、アメ車など大排気量のエンジンも問題なく始動できます。

バッテリー上がりの原因が分かっている場合はジャンプスターターでエンジンを再始動させてバッテリーの復活も期待できますので、一時的なバッテリー上がりで困ったときは一度ご相談ください。

当店は群馬と埼玉と軽井沢を対応エリアとしてバッテリー上がり救援に向かいます。

深夜早朝も対応しておりますので困ったときはお電話ください。