こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は日中に熊谷市のお客様よりお問い合わせを頂き、ダイハツムーブのバッテリー上がり救援救援に行って来ました。

ご依頼のムーブは約1か月間乗らずにいたらエンジンがかからなくなってしまったとの事です。

ダイハツムーブのバッテリー上がり救援

お客様のご自宅へ到着し、バッテリーを測ってみると約9.5V。

通常エンジンを始動させるためには12.5Vくらいは必要なので、10V以下の場合はセルモーターは回ってくれないですね・・・

とりあえず今回はジャンプスターターで接続してエンジンをかけ、約10分ほどアイドリングさせて再度エンジンをかけたところ、自力でのエンジンスタートが出来たため作業終了となりました。

ただ、エンジンを停止させて再度測定すると13V近くまであった電圧はみるみるうちに下がってしまい12.5Vも割ってしまいました。

こうなってしまうと早めの交換をしてあげないと数日でエンジンがかからなくなってしまいます。

当店では軽自動車に使用できるバッテリーは常時在庫しておりますので、バッテリーがダメになってしまった時でも時間を気にせずいつでも交換できます。

もしものバッテリー上がりで困ったときは是非お問い合わせください。