こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は秩父市の山中からご連絡を頂きスズキエブリィワゴンのバッテリー上がり救援に行って来ました。

秩父市でバッテリー上がり救援

近頃はテレビのCMなどで知名度の上がっている秩父市ですが、今回の現場はちょっと町はずれの山中で空気のきれいな現場でした(^^)/

スズキエブリィワゴンのバッテリー上がり救援

エブリィワゴンのバッテリーはリアシートの後ろのカーゴスペースに設置してあります。

とりあえずバッテリーの電圧を測定してみると、危機の反応はありませんでした・・・

お客様はエンジンを停止させてちょっとお昼寝をしていたらしいのですが、その際にヘッドライトをつけっぱなしにしてしまいバッテリーが空っぽになってしまったようです。

今回はバッテリー交換をして間もない状態のためジャンプスターターで接続してエンジンを再送させて約10分後には従来通りの性能に戻っていました。

秩父の山中では、なかなか救援に来てくれる業者もすくないので秩父市でもしものバッテリー上がりで困った時は是非ご相談ください。