こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今朝は高崎市のお客様よりお問い合わせを頂きカローラランクスのバッテリー上がり救援に行って来ました。

カローラランクスのバッテリー上がり救援

お客様のお話では2日間室内灯をつけっぱなしにしてしまったとの事で、エンジンがかからなくなってしまったそうです。

今回はバッテリーがまだ使える状態だったためジャンプスターターで接続してエンジンを再スタート。

カローラランクスのバッテリー上がり救援

約5分程度のアイドリングで自力での再スタートが出来るようになったので、そこで作業終了です。

この時期は寒さもあって、バッテリーの性能も低下しがちなので少しの間灯火類の消し忘れをしてしまうと比較的早い段階でエンジンスタートが困難になってしまうこともあります。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でバッテリー上がりで困った時は是非お問い合わせください。