こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

先日、前橋市の工事現場からハイエースのバッテリー上がり救援のご依頼を頂き出動してきました。

ハイエースのバッテリー上がり救援

ハイエースのバッテリー上がり救援

200系ハイエースのバッテリーは助手席のシート下にあります。

ディーゼルエンジンの場合はバッテリー容量が大きいので、大型のジャンプスターターがないとエンジンの始動ができな場合があります。

今回は当店の大型ジャンプスターターで一発始動です。

暫くの間、アイドリングで電力を蓄えて、自力でのエンジン始動が出来ることを確認して作業終了です。

今回のバッテリー上がりの原因はエンジン停止中にイグニッションスイッチをONにしてスマホの充電をしてしまったようです。

スマホの充電時はエンジン始動中に行わないと意外と早い段階でエンジンが指導できなくなりますので注意してくださいね。

当店では大型ジャンプスターターを持っておりますので、急なバッテリー上がりでもすぐにエンジンの始動が期待できます。

バッテリー上がりで困った時はいつでもお電話下さい。