こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は高崎市のお客様からお問合せいただきましてBMW・MINIのバッテリー上がり救援に行ってきました。

お伺いして車を拝見させて頂くと、完全にバッテリーが放電してしまっておりメカニカルキーでかろうじて運転席のドアは開くものの、トランクは反応してくれない状態のためボンネット内にある給電用の取り込み口からジャンプスターターで車両に電気を送り、トランクを開けてバッテリーのある場所までアクセス出来ました。

MINIのバッテリー上がり救援

MINIのバッテリー上がり救援

今回のMINIは水温センサーが異常を起こしているとみられ、イグニッションスイッチがオンになると電動ファンがず~っと回りっぱなしになってしまっていました。

オーナーさんのお話ではしばらく走るとファンは止まるとのことですが、この状況は良くないですね・・・

バッテリー上がりでは、既存のバッテリーが完全に放電してしまっており復活の見込みもないため、当店で保有しているリビルトバッテリーを購入して頂き交換となりました。

たまたま同じようなサイズのバッテリーがあったので比較的低価格で救援作業は済んだのですが、新品を購入すると3万円前後はしてしまうので、輸入車のバッテリー管理は意外と重要なんですね。

当店では群馬と埼玉と軽井沢周辺でバッテリー上がり救援を行っておりますので、もしものバッテリー上がりで困った時はいつでもお問合せ下さい。