大里郡寄居町でホンダライフのバッテリー上がり救援

こんにちは。
AT-1群馬ロードサービスの近藤です。

なんだかまた台風が来るらしいですね・・・
たまには秋晴れを満喫したいところですね。

そんな中、昨日は午前中に埼玉県大里郡寄居町からホンダライフのバッテリー上がり救援がありました。
ご依頼いただいたお客様は、娘さんを幼稚園に送ろうとしたところ室内灯が点けっぱなしになっていてバッテリーが上がってしまったとのことです。

今回はバッテリーに電力供給する前にCCA(コールドクランキングアンペア)を図ってみたら、単純に要充電の表示が出てました。
なので、ジャンプスターターを接続させてしばらくアイドリングさせてもう一度CCAを調べてみたところ標準値まで戻っていたので、そのままエンジンを掛けたままの状態で充電しておけば数十分で元の状態に回復してくれそうです。

バッテリー上がりのホンダライフ

今回は寄居町でちょっと距離はあったのですが高速を使って約30分で到着できました。

当店では移動の際、高速を使えるところは基本的に高速で移動いたしますので少々遠くても高速が近ければ意外と早かったりします。

バッテリー上がりはちょっとした不注意で起こってしまうトラブルなので、車を離れる時はヘッドライトや室内灯の点けっぱなしは気をつけたいですね~

でも、もしもバッテリー上がりのトラブルになってしまったらお電話下さい。