波志江パーキングでバッテリー上がり救援

 

こんばんは。
AT-1群馬ロードサービスの近藤です。

梅雨が明けたら雨ばっかりですね~

そんな中、昨日は伊勢崎市の波志江パーキングエリアでトヨタヴォクシーのバッテリー上がり救援に行って来ました。

波志江パーキングでバッテリー上がり救援

今回のご依頼者様はパーキングに停車中にヘッドライトの消し忘れとエンジン停止中にスマホの充電もしていたそうです。

気が付いたときにはエンジンがかからなくなってしまい、当店へのご連絡となりました。

当店が到着したときはバッテリーの電圧は約10.5V。

12V以下になってしまうと、エンジンの始動はほぼ不可能な状態です。

今回の対応は当店のジャンプスターターで電力供給をしてエンジンスタートをして、しばらくアイドリングさせたのちに自力でエンジンがかかるまで待機していました。

ヴォクシーのバッテリー上がり

約10分間アイドリングさせて、自力でのエンジンスタートも確認できたところで作業終了です。

自力でのエンジンスタートが出来るようになったときに再度バッテリーの電圧を測ってみたところ12.75Vまで回復していたのでもう問題はありません。

この時期はエアコンや電動ファンでバッテリーが酷使されている状態ですので、スマホなどの充電をするときはエンジンをかけた状態で行うようにしたほうがいいですね。

群馬と埼玉と軽井沢でバッテリー上がりで困ったときは一度ご相談ください。