こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は早朝に関越道上里サービスエリアからお問い合わせを頂き日産ラティオのバッテリー上がり救援に行って来ました。

ご依頼いただいたお客様はエンジンをかけたまま仮眠をしていたとの事ですが、途中で一度起きてエンジンを停止させたらしく、その際にアクセサリー電源がオンになったまま寝てしまったのが原因のようです。

今回は一時的なバッテリー上がりなのでジャンプスターターでバッテリーをつないでエンジンスタートさせ、10分程度アイドリングして電力が復活したことを確認して作業終了です。

日産ラティオのバッテリー上がり救援

当店では大型のジャンプスターターを装備した専用サービスカーでお客様の現場へ向かいますので、一時的なバッテリー上がりは大排気量の輸入車でも問題なくエンジンの始動が出来ます。

群馬と埼玉と軽井沢でバッテリー上がりで困ったときは一度ご相談ください。