こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は太田市のお客様からお問い合わせを頂き、レクサスLS460のバッテリー上がり救援に行って来ました。

ご依頼のLS460は普段はあまり乗らず、週に1回くらいしか動かさないとの事でした。

レクサスLS460バッテリー上がり救援

レクサスLS460のバッテリー上がりは意外と多く、大容量のバッテリーですが待機電力でバッテリーの消耗もあるため普段乗らなくても時々エンジンをかけてあげるとバッテリー上がりが防げると思います。

ちなみにこのモデルの標準バッテリーは105D31Lです。

105Dのサイズは当店でサービスカーとして使用している1.5トン車のバッテリーも同じサイズのバッテリーを使っています。

トラックのバッテリーは105D31Rですが、端子の位置が違うだけで容量は一緒です。

トラックのバッテリー交換

こうした大きいバッテリーを搭載していてもセキュリティなどで常時電源からバッテリーの電力を消費してしまうので、乗らなくても時々エンジンをかけてバッテリーに電力補充をしてあげたほうがいいですね。

当店では大排気量の乗用車でも大型ジャンプスターターで問題なくエンジン始動が出来ます。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でバッテリー上がりで困ってしまった時は是非ご相談ください。