こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は午後になってから前橋市のお客様よりお問合せを頂きマツダデミオのバッテリー上がり救援に行ってきました。

ご依頼のデミオはまるまる一日以上室内灯を点けっぱなしのままにしてしまったとのことで、キーレスエントリーも反応しないくらいバッテリーが消耗してしまっていました。

マツダデミオのバッテリー上がり救援

今回のバッテリー上がりでは、かなり消耗していたものの搭載されていたバッテリーが標準よりもかなり容量の大きいバッテリーだったため、ジャンプスターターでエンジンをかけて5分から10分程度のアイドリングで自力でのエンジンスタートが出来るようになりました。

ここ数日、寒い日が続いたのでちょっと弱っているバッテリーは朝晩の気温の低下時にエンジンスタートができなくなることがありますので、バッテリー上がりで困った時は一度ご相談下さい。