こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は本庄市のお客様よりお問い合わせを頂きトヨタエスティマのバッテリー交換に行って来ました。

ご依頼のエスティマはしばらくエンジンをかけていなかったとの事で、キーレスエントリーも反応しない状態になってしまっていました。

当店では40Bのサイズと55Bのサイズは常時在庫で新品のバッテリーがあるのですが、エスティマで使用しているD端子のバッテリーは新品の在庫がありません。

今回はたまたま中古のバッテリーで、今まで使っていた同サイズのものがあったため、中古バッテリーをご購入頂き交換となりました。

エスティマのバッテリー上がり救援

エスティマのバッテリー上がり救援

比較的高年式の車はセキュリティが常時働いているため、エンジンをかけていない状態でも待機電力とセキュリティの電力でバッテリーは徐々に電圧低下してしまいます。

おおむね12.5Vを下回ってくると、元気のないバッテリーはエンジンの始動が出来なくなります。

こうした場合はジャンプスターターでエンジンを再始動させるか、バッテリーを交換してあげないと走行は出来なくなってしまいます。

バッテリー交換のエスティマ

バッテリー交換のエスティマ

今回は中古のバッテリーで、時々用意しているリビルトバッテリーとは別のものなので長期の使用は出来ないと思われますが、しばらくは使用できそうです。

リビルトバッテリーはバッテリー再生機を使っているので、場合によっては2年以上再利用が出来ますが、普通の中古の場合は半年から1年くらいで寿命が来てしまうと思います。

今回のお客様は翌日の早朝から車がつかえないと困るとの事だったため、中古品のバッテリーでも大丈夫との事で取り付けに行って来ました。

バッテリー上がりで困ってしまった時はご相談いただければ極力対応いたしますので、もしもの時はお電話ください。