こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

先日、熊谷市のお客様よりお問い合わせをいただきトヨタ・ラクティスの出張バッテリー交換に行ってきました。

ご依頼のお客様は、少し前からバッテリーがだめになっていることに気が付いて自分でバッテリー交換をしようと思いバッテリーを購入したものの工具もなく交換の仕方がわからないとのことでご相談をいただき当店で出張による交換となりました。

ラクティスのバッテリー交換

ラクティスのバッテリー交換

ラクティスはそれほど排気量の大きい車ではないのですが、バッテリーはD端子の大きいサイズがついています。

バッテリー交換時はバッテリーの上についているプラスチックのカバーが取り外しできるので、作業前に外しておくとバッテリーの脱着が楽になりますね。

今回のバッテリーあがりはほとんど乗らない日が多かったそうで、室内灯もつかなくキーレスエントリーも使用できない状態でした。

比較的新しいモデルの車は、バッテリーを完全に放電させてしまったりバックアップを取らないでバッテリーの端子を取り外してしまうとアイドルコントロールのメモリが消されてしまいエンジン不調が起こることもあるので、ご自身で交換する際は要注意です。

当店ではバッテリーあがりの救援とバッテリー交換も出張で行えますので、バッテリーあがりで困ったときは是非ご相談ください。