こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は安中市のお客様よりお問い合わせを頂きスズキKeiの出張バッテリー交換に行って来ました。

ご依頼のお客様は、朝エンジンをかけようとしたらエンジンがかからなくなってしまったとの事でした。

最後にエンジンをかけたのが2日前だったらしく、ヘッドライトの消し忘れなどの一時的なバッテリー上がりではなくバッテリー本体の劣化が原因のようでした。

軽自動車バッテリー上がり

軽自動車のバッテリー上がり

とりあえずお客様のご自宅に到着した後にバッテリーをジャンプスターターで接続してエンジンがかかるか試したところ問題なく始動が出来たためバッテリーの測定をしてみると電圧が12.00VでCCAが160くらいでした。

バッテリーの電圧が低いだけであれば、エンジンをかけっぱなしにすることである程度回復するのですが、CCAの数値が低いとバッテリーが電気を貯められない状態だったり放電しやすい状態になってしまっているため、寒い時期だと数時間後には自力でエンジンの始動が難しくなってしまいます。

今回は、お客様も仕事に行くのに車を使っているとの事で、またバッテリーがダメになってしまうと困ってしまうので新品交換となりました。

出張バッテリー交換

出張バッテリー交換

軽自動車のバッテリーは常時在庫しておりますので、外出先の突然のバッテリー不良になってしまった場合でも即時交換が可能です。

これから寒くなってくると、昨日まで何の問題もなかったバッテリーが突然貧弱な状態になってしまう事も珍しくないので、バッテリー上がりで困ったときは一度ご相談ください。